今日も楽しくシリコンバレーライフ

シリコンバレーで働くサラリーウーマンの思うところ、いろいろ

日本人はいつから年収を自己紹介の一部に含めるようになったのか?

最近日本のウェブなどで、一般人の投稿を読んでいてふと思ったのですが、年収を自己紹介の一部に含めるようになったのはいつ頃からなんだろう?と、いうこと。

もちろん全員が全員年収を開示しているわけではありませんが、けっこうな確率で年収入りの自己紹介を見ます。

例えば「20代、男性、年収300万です。」とか「夫40歳、年収1000万、妻35歳、年収700万です。」とか。

私が日本にいた1990年代までは年収をこんな風に匿名であっても開示することはなかったような記憶があるのですが。(って言っても、記憶は定かではないが・・・・)

アメリカではあんまりこんな自己紹介が聞かないな~。地元の新聞におもしろい企画があって、1年に一回「みんなの年収公開」みたいな記事があり、様々な職業の人達が写真、そして実名入りで、職業と年収を公開する、という企画があります。私は結構この企画が好きで、「へ~、警察官ってけっこうもらっているんだな~。」なんて楽しんで読んでました。余興で俳優やらスポーツ選手やらも載っていて、その人達の年収はそれこそ億単位(笑)

あと、カリフォルニアでは州に勤める公務員は、お給料が公の情報としてなんと名前入りで公開されているのです。誰がいくら貰っているのか検索するためのデータベースも公開されているし。ちょっとびっくりでしょ。近所の人が州に勤める公務員なら、いくら貰っているのか検索ができちゃいます。

www.sacbee.com

ちょっと話は逸れましたが、(いつものごとく・・・・)年収入りの自己紹介、いつから始まったんでしょうかね?そして、なぜ???

理由を思いついた方、コメント欄に書いておいてください。よろしくお願いします。