読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も楽しくシリコンバレーライフ

シリコンバレーで働くサラリーウーマンの思うところ、いろいろ

長時間労働大国。日本じゃなくて韓国の話。

グローバル お仕事

この仕事に就いて韓国のチームと一緒に働くことになったので、韓国には年に数回行くのですが、日本と似てるな~、と思うことが多いです。当たり前だけど。

10年以上、アメリカでドイツ系の会社に勤務してるので、欧米の仕事文化ばっかりで、韓国のオフィスに行って、韓国の同僚達の仕事ぶりを見ると「日本みたいだ~」。

特に長時間労働。韓国は日本よりも長時間労働です。彼らと一緒に働いてると、実感として感じます。

www.globalnote.jp

でもね~、やっぱり日本と一緒で、効率的かというとどうかな~、です。ドイツ人の個人主義と比べ、韓国は人間関係を重視する文化。お昼に行くにもみんなでゾロゾロ。会議に行くにもみんなでゾロゾロ。出張に行くにもみんなでゾロゾロ。日本と似てるな~、です。

彼らの働きぶりを見てると、まず出社してきて会議と称する雑談。午前中仕事して、お昼にみんなで繰り出し、帰ってきて仕事。で、午後半ばくらいにコーヒータイム。夕方、夕飯にみんなで繰り出して、また会社にもどってきて夜中まで仕事。みたいなパターン。

日韓の関係がギクシャクしてるみたいだけど、表面上は韓国の同僚、みんな親切ですし、よくしてくれます。アメリカ人やヨーロッパ人の同僚みたいに、仕事だけの関係、みたいな割り切り感もなく、もっと心を許してくれて、仕事仲間っていうだけじゃなくて、友達として扱ってくれます。アジア人はやっぱり当たりが優しいな、と、思いますね。いろいろと気にかけてくれるし。

ドイツに行って、同僚とランチにいくときっちり割り勘ですが、韓国出張ではいつもご馳走になってます(笑)。韓国はご飯がおいしいのも嬉しい。ただ、ずーっと韓国料理ばっかりなので、さすがに出張の終わりになると飽きてきて、ちょうど良いタイミングで帰国となります。

で、長い時間よく働く韓国の同僚ですが、一流会社のサムソンとかはそれこそ滅茶苦茶働かされるらしい。同僚の一人に、サムソンから誘われたら転職する?って聞いたら「それこそ死ぬほど働かされるから、絶対いや」ですと。やっぱり一流どころは、どこも大変なんですね。